【ヴァルキリーアナトミア】ランヴァルドの評価とスキルについて

ランヴァルド1
魔術師で比較的難易度が上がりだした時に登場するランヴァルド
この頃はルチアのファーストエイドが便利過ぎて魔術師をルチア意外にするのは…と思う方も多いかと思いますがランヴァルドには圧倒的なボスと対等に戦える事が可能となる強力なスキルと攻撃を持っています。

プリズミックミサイルとカオスフィールドの組み合わせ

プリズミックミサイルは原作をプレイした人なら知っている事だと思いますが、様々な状態異常効果をもった魔法攻撃をはなつ魔法です。

毒、凍結、麻痺等々

ランヴァルドの持っているスキルカオスフィールドは状態異常付与効果の確率をアップさせるスキルでまさにランヴァルドのプリズミックミサイルと相性が抜群のスキルになっています。

ストーリーを進んでいたり偽るモノと偽らざるモノの5などの難易度になってくるとハッキリ言ってこれまでのストーリーなどで登場したモンスター達とは段違いの硬さと攻撃力を持っています。

レベルアップや武器の強化やオーブの強化で防御や抗魔力を上げても勝てない…!という事が多々出てきてきます。

そこでカオスフィールドをLv3状態にしたランヴァルドのプリズミックミサイルを打ち込んでおく事で強力なボスや赤シンボルの強敵達を無力化出来る可能性が出てきます。

ランヴァルドのカオスフィールドのLvを上げる黄オーブはヴァルヴァロアのサイドストーリー5以降の探索で手に入れる事が出来る事とここで落ちているオーブはドレインソウル(攻撃の際に確率でHP吸収)のスキルをついているオーブが拾えるのでそれらを装備させる事で攻撃手段と微力ながらの回復も出来るオールラウンダーなキャラクターとなってくれます。
ランヴァルド2
Lv4で状態異常付与25%アップという壊れスキル

強敵で苦戦している人はランヴァルドを使ってみる事で道が開ける事があるかもしれません。



コメントを残す

-最新情報-

page-top