【ヴァルキリーアナトミア】カラドックの評価とスキルについて

カラドック

セナの師匠として登場して物語の最初の方で登場し、無敵の剣士として呼ばれているカラドック先生

しかしセナをずっと使っている人からすればセナの方が使いやすいという声も大きかったり…しかしセラフィックゲートが実装されてからカラドック先生が再評価されています。

カラドック

セナと出会うまでは酒浸りだったがセナと出会いで、もう一度剣をとる。

ブルネリア公国の兵として再登場するも仲間の為に囮となり最期を迎える

キャラクタースキル

セーヴストーン

石化状態になる確率が20%減少する

トゥルーシーイング

クリティカル時、与えるダメージが6%上昇する

テックコンバージョン

敵撃破時、コンボ数20毎にHPが3~%回復

テックコンバージョンとトゥルーシーイングがとても便利

20ヒット以上で敵を倒す事でHPを回復する事が出来るので、これがセラフィックゲートでは非常に便利なスキルとして使えます。

カラドックの攻撃は連続攻撃までどんな攻撃でも使いやすくコンボの起点になりえます。

セラフィックゲートではマクシミリアン同様、評価があがってきた事と、火力として使う時はトゥルーシーイングを使う事でいい具合になってきます。

先生さすがです!



コメントを残す

-最新情報-

page-top